理想の未来に近づくにはまず真似をしよう!

「学びは真似の中にある」

ジュンペイです。

もし、成長したい意識をもっていたり、
何か学びを取り入れるのであれば、
まず真似をしてみると良いです。

d5f9d32c-01ac-4181-a224-071220292dcf_l

誰かの真似をしているようじゃダメだ!
と言ったような声もありますが、

 

それはある程度出来るようになってからの話で、
いきなり独創性を出そうたってうまくいきません。
結果的にそれが遠回りになってしまっては本末転倒です。

 

自分が初心者である場合、
そうなる前にまずは誰かを真似て、
その基本をマスターした上で独創性を追求することが良いです。

 

独学で出来てしまう人はいわゆる「天才」で、
そんな人はほとんどいません。

 

例えば、僕の場合

スポーツをする時でも、
自分の経験がなければ必ず手本にする人の真似をします。

 

学生の頃によくテニスをしていたんですが、
テニス経験がなかった僕でも友達間の中では試合をしても自分が1番うまかったです。

 

なぜ、そんな事を自信満々で言えるかと言うと、
僕は常にこっそりと横のコートでテニスをしている経験者を真似していたからです。

ラケットの角度から体の使い方まで全て真似をしました。

 

友達間で、
経験者もいればそうでない人もいる中で、
僕が勝てたのは圧倒的な上達意識の違いによる着眼点の差です。

 

要するに、上手い人がいるならそれを真似すればある程度同じ球が打てるわけで、
何も考えず独学でやるよりは格段に成長スピードが早いです。

 

単なる遊びだったのそこまで意識する人が少なかったかもしれませんが、
罰ゲームとかあったらちょっとは勝ちたいですよね?笑

 

とにかく何をするにしても
そんな風に道しるべになるような対象は必ず持って置いた方が良いです。

 

そうすることで効率がよくなるので。
と言うわけで理想の未来に近づく為には真似をしろ!と言うことでした。

是非、活用してください!

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントを残す