お金を貯めれる学生はバイト代を貯金しない

ジュンペイです。

大学生と言えば「遊び」「勉強」「アルバイト」をしているように思いますが、
このバランスがとても大事で、
バイトばかりしていると、単位が取れなくなることもありますし、

逆に「遊びや勉強ばかりだとお金がなく、
結局、「今日もお金を使わずに遊ぶか―」となる場合があります。

 

そこで今回は大学生がいかに時間を有効的に使いながら、
お金を増やしていくのかについてお話します。

さらに、それだけでなく同時に今後一生役立つスキルも身につくので、
是非参考にしていただければと思います。

oc

 

バイトの種類

まず、通常アルバイトと言うと、
コンビニであったり飲食店であったり、

どこかのお店で働くイメージが強いかと思います。
ですが今のネット時代では働きに出なくとも、
家やあるいは好きなところにいながらお金を稼ぐ事が出来ます。

例えば、

「コピーライター」

コピーライターと言うと難しく聞こえますが、
あなたの趣味を記事にしてもそれをいくらかお金を払っても欲しがる人がいます。

なぜ、そのような事が可能なのかと言うと、
もし、その記事を見たい人がいると、
記事内の広告から広告収入を得ることが出来るからです。

これはgoogleが公式に提供している広告システムで、
アドセンスと言うものです。
広告収入の仕組み「アドセンス」についてはこちら。
・グーグルアドセンスとは?

ちなみにこのアドセンスは個人でする事が出来るので、
雇用形態のアルバイトではなく自分で収入を得ることが出来ます。

上手く記事を作成することが出来れば、
初月でも1、2万円は可能になります。

 

YouTube×アドセンス

続いて、記事作成をするよりも、
さらに稼ぎやすいのがYouTubeでの広告収入です。

今、ユーチューバーという人達が注目されだしていますが、
あの人たちはYouTubeに動画を投稿することで広告収入を得ています。

 

有名な人だと、ヒカキンさんと言う方がいますが、
あの人が1日に1本動画を出せば
その1本の動画だけでも数万円の広告収入が入っています。

場合によっては数分の動画を投稿して、
10万円以上の収入になる時もありあます。

 

時給800円でアルバイトする事を考えると、
凄いですよね。

ヒカキンさんの場合は何年も顔出しをして、
動画を投稿されていますが、
YouTubeには顔を出さずとも動画を投稿することは可能です。

 

今、YouTubeは非常に多くの人に見られていて、
その分、趣味嗜好も様々だと思いますが、
同じように動画の種類にも色々あって、
ヒカキンさんのような撮影をしなくても広告からの収入を受け取ることは可能です。

僕も実際にYouTubeに動画を投稿して、
1日で10万円以上の広告収入を稼いだ事があります。

ado10m

YouTubeでの収益受け取りについてはこちらをご覧ください。
YouTubeを見る⇒YouTubeが仕事

 

このように今はアルバイトではなく、
インターネットから収入を得ることが可能な時代になっています。

なのであなたもインターネットで、
好きな場所から収入を得てみてはいかがでしょうか?

 

また、お金を増やす為に一番遠周りなのが、
実は貯金をする事だと言われています。

何故かと言うと貯金というのは、
支出が減りますが、収入は増えません。

と言う事は少ないアルバイト代を貯めていても、
一向に増えないことになります。

そして、お金持ちほど、
貯金ではなく投資などで資産を構築します。

 

今回お話ししたYouTube動画だと、
一度投稿した動画はその後も再生されるので、
以後自動でお金を生み出してくれる資産になります。

 

なので、お金を増やす場合は、貯金ではなく知識に投資したり、
自己成長につなげることで自らお金を生み出せるようになります。

今ではそれを高校生からしている人もたくさんいるので、
あなたも一度資産を構築してはいかがでしょうか。
さらに具体的な方法については、
僕の無料講義内で教えているので、
そちらをご覧ください。

YouTube資産構築、無料講義
※YouTubeで収入を得る為のレポート120pも期間限定でプレゼントしています。

 

では、最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントを残す