怒らずに相手を理解すると車がタダで直った!

どうも、ジュンペイです。

もう、ボコボコになりました。


「何が?」


僕の車が・・・^^;


と言っても運転しててぶつけたわけじゃないですよ笑
そう言う時もありますが今回は違います!


僕は一歩も外に出てないのにもかかわらず車がボコボコになりました。
恨みを持たれてる訳でもたぶんないですよ。


でも、なんでそんなことになったかって言うと、
僕の家の前は高校なんですが、
野球部のファールチップが飛んで来て僕の車に直撃しました(汗)


野球部のボールはよく飛んでくるんですが、
今回は硬球だったみたいで、
ボール型にボンネットがへっこんでいました。


結構ショック。。。
でも、それよりこれからが面倒くさい、、、と言うのが本音です。


ただでさえ時間は有限なのに、
学校に電話したり先生が見に来たり、


時間が奪われた気分、、、


そこには父親もいたんですが、
そこでの先生とのやり取りから学ぶものがありました。


僕は始め電話越しの先生の対応に
「何でそんな適当な受け答えしか出来ひんのやろ?」
と少し疑問を持ちながらも車を見にくると言うので家の場所を教えました。



その時は「時間が勿体無い」とかしか考えていなかったので
とりあえず、早く保険でどうにかしてもらおうと思っていたのですが、


相手の学校側からすると、本当に学校から飛んできたボールなのかわかりませんし、
正確な証拠がない限り保険で対応することができません。


ここで、少し前に話した「相手の究極理解」が出てきます。


相手の究極理解はどんな事でも大事で、
それはビジネス、恋愛、友人問わず関係を良くしてくれるものです。



ようは、相手の理解は勿論の事、
潜在的な事も含めて理解すると言うことです。


そして、僕の父親が学校の先生に対してこれに近いようなものを使ってました笑


普通に考えると、車をボコボコにされたこっちは被害者ですよね?


僕の近所の人も車にボールを当てられたことがあるそうですが、
その時は学校に対してかなり怒ったみたいです。(苦笑)


で、その人は結局1円も学校に出してもらえなく、
残念な結果になりました。



その事があってか、
父親もいつもなら怒りそうなんですが、
今回はそうでもなく、全然怒っていませんでした。


それに相手の理解だけではなく、
その中にもこちらの主張を通していたんですが、


どんな風な対応をしていたかと言うと、
怒らないと言うのは基本で、
誰を責めるわけでもなく事実を伝えて、
相手の共感も得る。


そんな感じで、
対立をしないスタンスです。


人は自分のことを好きといってくれる人に対しては、
同じような気分になりますが、
逆に嫌いという人に対しては嫌に思うもので、
そこに必ず対立は起こります。


そして今回は対立する事でもしかすると保険を使ってくれない可能性があるわけで、
だからこそ、「誰が悪い」とは言わずにお互いの状況を考えた上で話を進めることになりました。


ただそれでも、相手は、
確認ができないとか、
そもそもファールボールが飛んでいないとか、
色々言っていました。


恐らく近所の人はこれにキレて、
ややこしくなったようですが、
それでも変わらず話し合いをしました。



結局、2回くらい学校とは話をしたんですが、
なんとか、保険で直してくれるみたいです。(ホッ)



でも、相手もかなり渋っていたので、
おそらく近所の方と同じタイミングでこちらの意見ばかり言っていたら、
直してくれなかったと思います。(苦笑)



今回は何とかなったものの、
こんな風に世の中には理不尽な事もたくさんありますし、
その度に感情的になっていてはおそらく自分自身が損をします。


それに僕は相手に振り回されて感情的になるよりも、
何事も相手を理解した上で進める方が効率がいいと思っています。


だから、もしうまくいかないことがあったとしても、
すぐに相手のせいにするのではなくて、
一回考えてみる。


「誰かのせいではなく自分のせい」
「自分のおかげではなく誰かのおかげ」



これは自分を成長させる意味でもかなり重要だと思います。



またよく、「こうなったのは○○のせい」と言う人は、
依存心が強く、


言い換えれば「自分がこうならない為にあなたがこれをしてください」
ともとれます。


ですが、人生は自分に好転的なことだけではありませんし、
いざとなると自分で自分を守れる人の方が圧倒的に強いわけです。



要するに、一つの出来事に左右されていては、
いつまでもその影響を受けやすく、
人のせいは永遠に続く可能性があります。


なので頭が良い人程、気づいていていると思いますし、
そんな事はしないと思います。


ただ、始めからそんな事は分かるものでもありませんし、
人のせいにする人がただ悪いだけではなくて、
それを改善しようとしたり、気づくことが一番大事だと思っています。


そして改善や気づくためにはやはり相手の理解です。


そうすれば今回のファールボールのように、
こちらの当たり前と相手の当たり前が相違していたとしても
こちらの用件が通りやすくなりますし、


結果的に損を最小限に抑えることができわけです。


どんな事にでも応用できるので、
もし、誰かと何か食い違うことがあるなら
相手の理解をしてみてくださいね^^




ではでは、

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントを残す