本田圭佑がミランで10番を付ける為に絶対必要だったこと

こんにちはジュンペイです。

昨日はお寿司屋に行ってました。
といっても僕はお寿司をあまり食べれないんですが(苦笑)

でもそこのお店には行くときによって旬な魚がおいていたり、
メニューにはない料理などもあってそれが美味しいのでたまに行きます。

そんな感じで、食べていると修業中の板前さんが大将の指示で
店の中を動き回って、
必死に働いているのを目にしました。

 

僕と同年代くらいの方で、
ほんと、体育会系のような返事と常にテキパキしている感じで、
単純にすごいなーと感心しながら見てたんですが、

 

ふとなぜ、そこまで頑張れるのかを考えてみました。

 

僕も、一応ネットビジネスを日々取り組んでいて、
これまでの人生の中ではかなり頑張っている方だと思っているのですが、

 

何かひとつのことを続けるって結構大変なことですよね?
3日坊主という言葉があるくらい、
人は継続する事をあまり好まない生き物です。

 

ですが、その修業中の板前さんはおそらく料理が好きで、
それを仕事にしたいと思っているかと思います。

 

ここで、あなたは「好きを仕事にできる方法」とはなんだと思いますか?

 

一度考えてみてください。

 

 

 

 

 

 

誰も嫌いなことはしたくありません。

好きなことだけをしていけるならしたいと思っている人が多いです。

 

 

 

 

 

 

 

「好きを仕事にできる方法」思いつきましたか?

 

 

 

 

 

 

では答えを言うと、
結果的にこれにつきます。

 

 

 

 

「継続すること」

 

 

 

ほとんどの人が好きなことを仕事にしたいと思っていてもなかなかできないのは、
単純に継続できない場合が多いです。

 

 

それは体力的になのか、精神的になのか、
金銭的になのかはわかりません。

 

 

でもだからこそ、何をするにしてもまずはお金を稼ぐことは重要だとも言えます。
あとはどれだけ継続出来るか?

 

 

継続していればそれだけで周りは勝手に諦めていってライバルは減りますし、
それだけ「継続は力なり」ということですね。

 

 

今すぐに目に見えた結果が出なくても1年後、2年後成功していたら、
それも立派な成功だと思います。

 

 

それに、それくらいの気持ちで取り組んでいくと、
必ず力は付きますし、
確実に成功へと進んでいると思っています。

 

 

 

ACミランに移籍して10番をつけた本田選手も、
卒業作文に夢を書いてから15年かかってやっと
セリエAで10番を付けることができています。

 

それもすべてサッカーを継続していたからできることです。
もちろんその途中での努力や過酷なこともあったかもしれません
ですが途中でやめていれば絶対に叶いません。

 

 

なので僕らはまず成功に必要不可欠な「継続」を必ず身につけて、
その中で大きな成功を掴みましょう。

 

 

継続=習慣

 

 

どれだけ大変なことを当たり前に出来るかによって
それは習慣になり継続する力になります。

 

 

成功した時に「あの時やってて良かった」
そう思えるように今から始めましょう。

 

 

では、感想&質問もあればお待ちしています。

 

 

追伸  本田選手 ミランデビュー戦 初ゴール惜しかったー

 

本田選手のミランデビュー戦初ゴール惜しかったですね。
あと3センチずれてたら入ってますよあれ、

 

でも次に期待ですね。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントを残す