コケた分だけ上手くなる!よく似たスケボーとビジネス!

218311273_1280

 

たまにスケボーをする時があって、
これがなかなか面白いんですが、

 

普通にするだけじゃなくて、
技とかあるんですよ。

 

ジャンプ系ではないですが、
スライドさせたり、ターンであったり、
初めのうちは普通に乗るのも難しくて、

 

体の使い方とかわからないから
すぐに全身筋肉痛になってました。(笑)

でもやっていくうちに普通に乗れるようになって
慣れてくるともっと色んな技したいなぁとか

 

スリルを求めてるのかわからないですが、
急な坂道とか滑りがちなんですよ。

 

で、これ出来たら結構いい感じ♪とか考えてやろうとするけど、
実はトリッキーな技ほどリスクとかもあって、
失敗と隣り合わせになはことが多いです。

 

体をどこまで倒せるかとか、
決まったら神業、でも失敗したらケガとか、

 

でスケボーのこういうところが
なんか他のことにも共通する事があって、

 

スケボーで技をする時に何度も失敗したり
それによってケガをすることもあるんですが、

 

僕の場合、実際に50mくらいの坂をスケボーで下って
一生残る傷を負ったこともあります。

 

まぁ遊びでどこまですんねんって話なんですが(笑)

 

でも、そこで限界を知れたし、
これは失敗しなければわからない境界線なんですよね。

 

神技と大失敗は紙一重なところがあって
ようするに大失敗の一歩手前が神業で
大抵すごい技は限界を知ってる人だけができるんですよ。

 

他のことでもビジネスでも同じで、
失敗の数だけ強くなって行くんですよね。

 

その失敗は僕の中で失敗ではなくて成功の為の過程なんですが、

 

底を見たからこそ境界線が見えて、
その度に強くなって成功に繋がっていってます。

 

だから、今の20代にどれだけ失敗(成功への過程)を体験するかによって
今後がどうなるのかが変わってくると思っています。

 

その過程にはいっぱい学ぶこともありますし、
それまでに出てこなかった発想も出てきて、
その度に自分が成長している事を感じたりもしています。

 

そもそも僕の中での失敗の定義は
行動による失敗ではなくて、
時間は有限なので、何もしない事が、
一番の失敗なんじゃないかな?と思ってるんですが、

 

今後も本当の失敗にならにように、
進んでいこうと思います!

 

今の現状を変えるのは自分自身なので
失敗は恐れずに頑張りましょう!!!

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントを残す