時間を最大に有効活用し1日をアクティブにする方法

どうも、ジュンペイです。

生きていくうえで一生自分と関わってくるのが時間ですが
意識しないとただ無情に過ぎてしまう時間を
最大に有効活用していく方法を今回は話していきます。

時間ってどんな事があっても待ってくれないし、
ほっておいても過ぎていくものですよね。

 

ゲームをしていても、勉強をしていても、
遊んでいても、寝ていても、

 

どんな事をするにしても時間は過ぎていて
その積み重なりが今の自分を形成しています。

 

それだけ時間の使い方というのは大事な事で
使い方によって今後、楽しい人生なのか、
楽しくない人生になるのかが変わって来ると思います。

 

僕が時間の使い方についてまだ何も考えてなかった頃は、
ただただ過ぎていく時間に身を任せていて、
今思うともったいない使い方をしていたなぁと思います。

 

その時はちょうどサッカーゲームにハマっていて、
何時間もゲームをしていました。

 

ゲームをする事が悪いとは思いませんが、
なにも考えないで無心で暇をつぶすツールとして使うなら、
それは非常にもったいない時間の使い方です。

 

一時的な楽しさや満足感は得られるかもしれませんが、
有限な人生の中で後になって何も残らないものは
決して良いとは思いません。

 

中にはゲームをする事で、それを他のものに
活かせる人もいるかもしれません。
そういった場合は、意味のある時間の使い方と言えます。

 

しかし、それをしている人はごくわずかです。
一般の人がゲームを作ったり、別のコンテンツに活かしたりするのは
なかなか難しいですからね。

 

こう言うとゲームは悪いものと感じてしまうかもしれませんが、
重要なのは優先順位は適正かどうかということです。

 

ようするに、ゲームをする前に他にもする事が
あるならそこに時間を使うべきなんですね。

 

実際、僕はそれからゲームをする事がなくなりました。
PS3も今ではホコリをかぶってます(笑)

 

それもまだ自分の中でゲームに時間を使うべきじゃないと
判断したからですね。

 

なのでまずは、優先順位を決めて、
今するべき事に時間を使う事が初めに決める指針です。

 

そうすれば、一つ一つの行動が変わり、
より質の高い時間の使い方ができます。

 

その為にはまず、今の自分がどんな時間を過ごしているのか
知る必要があるので、
実際に分かりやすくするために、
紙に書き出してみると良いかもしれません。

 

起床時間から就寝時間までの行動の中に、
省いていけるものは省いてそこを有効活用してみましょう。

 

それでも足りない場合は睡眠時間を減らしてみても
いいかもしれませんね。

 

よく理想の睡眠時間は7時間や8時間などと言われていますが、
そこに医学的根拠はありません。

 

むしろ長時間寝ると死亡率が上がる事が分かっています。
7時間と8時間を比べた場合、8時間睡眠の人の方が13%程死亡率が高いんです。

 

それ以上の睡眠時間となるとさらに死亡率が上がります。
寝ていても体力を使っているので必ずしも睡眠=休息とは言えません。

 

そして、最も効率よくパフォーマンスを保てる睡眠時間は
4時間半だとされています。

 

睡眠の質はその他の時間の質にも関わってくるので、
しっかりとした管理をする事でよりアクティブな1日を送る事が出来ます。

 

という事で今回の話をまとめると

まずは優先順位を決めて行動する。

1日の時間を管理する

適正な睡眠時間取る。

 

よりアクティブな1日になるようこれらの事を取り入れ
1日1日を有効活用していきましょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントを残す